ファミコンの雑学

ファミコンの歴史

ファミリーコンピューターは任天堂から1983年7月15日に発売された家庭用ゲーム機です。当初メーカー希望小売価格14,800円で発売。型番はHVC-001(HVCはHome Video Computerの略)。今でも「ファミコン」という略称が使われている事からも、日本に家庭用ゲーム機を普及させた機種として有名です。

本体と同時発売したゲームソフトは『ポパイ』『ドンキーコング』『ドンキーコングJr.』の3本でした。同じ日にセガからも、SG-1000が発売されましたが、1985年に発売された『スーパーマリオブラザーズ』の爆発的ヒットによって圧倒的な認知度の差を付けました。

最終的に発売したソフトは全部で1053タイトルに上ります。本体の出荷台数は国内で1923万台、国外で4255万台の計6178万台です。1990年11月21日にスーパーファミコンが登場するまで、第一線で活躍しました。

現在ファミリーコンピュータのゲームはWiiのインターネット配信サービス、バーチャルコンソールでプレイ可能です。

≪雑学一覧に戻る
≪トップページ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM