ファミコンの雑学

ファミコンの商標権を任天堂は持っていなかった!?

任天堂が83年に発売した大傑作機、ファミリーコンピュータ。

「ファミコン」という名称を聞くと真っ先に思い浮かぶのが、任天堂のファミリーコンピュータ本体ですよね!

任天堂は発売当初、「ファミリーコンピューター」という商標登録は行っていましたが、「ファミコン」という名称はシャープが先に商標登録していたようです。

実は、ファミリーコンピューターが世に出る前に、シャープは「ファミコン」という名前のオーブンレンジを発売していたのです。出願は1981年3月30日となっています。これは任天堂がファミリーコンピューターを発売する前ですね(1983年7月15日)。

しかし、ここで疑問が残るのは、オーブンレンジは家電で、ファミリーコンピューターは玩具です。商標登録する際にはいくつかの区分があり、同じ名前でも区分が違っていれば出願出来ます。

出願日1983年10月31日にシャープは対象区分「娯楽用具」で「ファミコン」を商標登録しています。これはどういう事でしょうか?

憶測は様々ですが、後にシャープから「ファミコンテレビC1」や「ツインファミコン」が、任天堂との共同開発と銘打ってシャープから発売されている事を考えると、何かしらの商標登録にまつわる因果関係がありそうですね。

現在は「民生用電気機械器具」区分をシャープが、「娯楽用具」区分にあたる「ファミコン」の商標登録を任天堂が保有しているとの事です。

≪雑学一覧に戻る
≪トップページ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM